読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日もまた君について考える。

行ったライブの記録とか、残していけたらいいなぁ。

2016/2/11 OverTheDogs路上ライブ@新宿

OverTheDogs ライブメモ
前日にLINEで告知があったライブ。
最近、路上ライブやってても途中で通報されて止められちゃうというシーンを下北では度々見てきたから、大丈夫なのかな?と心配しつつ。
場所もゆるっとした告知だったので、どこだろう?と探しつつ。

友達が星くんいたよー、というので合流して、星くんどこ??とかやってたら、すぐ近くにいた!車の色、塗り替えてたから気付かなかったんだよ。


そして、路上ライブ禁止の看板の横でライブを始める人たち(笑)

f:id:hemp0301:20160220000149p:image

01.デイドリームビリーバー
02.当たり前の事
03.確信犯


デイドリームビリーバーは、道行く人の心を掴むにはちょうどいいなー、と思う。
緩やかに、惹きつけられてゆく。


続いて、「3/16にミニアルバムが出るんですが、これに入ってる曲をやります。」と、フライヤーを、ひらひらさせながら、当たり前の事。
さんちゃんがカードとフライヤーを配りに行ってたので、終盤で戻ってくるまでは星くんのピアノとつねくんの歌だけのシンプルな編成。
星くんのアレンジ良いなぁ。

でも、二番のサビ前で、近くで働いてるとおぼしきおじさんに止められてしまう。
「注意が来ましたので、今日はここまでー!」
えー!
「…大丈夫かなぁ。じゃあ、ケーサツまで粘りますか?」
いいのか(笑)

そして、サビから再開。
つねくん、バラード上手くなったなぁ、と思う。遠くまで、届きますように。
結果的に最後になってしまったのが確信犯。
「さっきのおじさんに向けて歌います。」
とか言っちゃって。
さんちゃんのアコギのジャキッとした音がかっこ良くて、アコースティックが似合う曲だ。
曲の途中でお巡りさんが待機してて、でも一曲終わるまで待ってくれたのは優しさだなぁ。


2/22にも川崎で路上ライブをやろうとしてたけど、音合わせの段階でお巡りさんが。
路上ライブに関する取り締まり、厳しくなってるんだろうなぁ。
うちの地元は結構やってるから、場所にもよるのかもしれないけど。むしろ、地元来てください(笑)

WORLD OF SNEEZER、たくさんの人の手元に届くといいな。